忍者ブログ
Act Outの活動や動画のことをぼそぼそぼやいていきます。 だいたい西造が書いてる。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は 【手描き】 恋人を討ち堕とした日 について書こうと思います。



海の魔女で味をしめた私。「カラーはお休みして落書きがやりたい!」
というわけで、落書きで白黒の代わり、カット数が多い動画を作ろうとなりました。もうちょっと真面目に背景書いておけばよかったかなと思う。
キャラデザインは結構気に入っていたりします。弓を引いている姿はちょっとデッサンに自信がない……ていうかちっちゃい弓にすればよかったな、下手に弓道みたいな弓にしちゃったけども。
怪物の全体像を描いていません。何を隠そう、怪物なぞデザインできないからです。世叛の指示では「ラストシーンで、主人公も怪物になりかけの所を、羽だけ生やして天使みたくしたいので、羽の翼のある怪物」だったのですが、だっさいのしかデザインできなかった。ので、ぼかしにぼかしてあります。
彼が口を開けて笑ってるアップの絵がお気に入り。
ヒロインよりヒロインらしい笑顔になったから。


最後にギャグパートが入っているのですが、公開当初はどうやらなかったことになっていたらしくまったく反応がありませんでした。世叛も「ギャグを思いついたから入れようか迷ってるけど」と躊躇してたのを「入れたらいいんじゃね?」と私が言って入れることになったわけですが。姉に「真面目すぎておまえにギャグは向いてねぇよ」とすぱっと言われました。
無茶はすべきでないのだろうか。
一応アクションシーンらしきものも入っているのですが、これも無理してる感が全面に出てしまってごまかせていません。無茶はすべきじゃないのだろうか。

いちおう西造が思っていた設定。

彼女→弓使いです。何かいつも露出度高い。さむくないの? 若いから大丈夫なのよ……。
    世叛がどういうつもりだったかよく覚えてないけど← 彼女は森の中で一人暮らし。狩りで生計をたてて、基本は自給自足。多分彼には結構振り回されてるけど、世話好きなので上手くやっていく。男気がある。彼に「俺をころせええええ」と言われて実行しちゃう程度には。

彼→ナイフ使いです。動画中のナイフ使ってるシーン地味すぎてよくわかんないと思うのですが。
   世叛がどういうつもりだったのかよく覚えてないけど← 彼は何かしらの用事があって森をつっきってる所に、怪物に襲われてる彼女に遭遇。ナイフで助けるが、自分がケガをする。どっちが言い出したのか分からんが一緒に暮らし始める。多分最初から恋人同士として。一目惚れ?
 自分が怪物になってしまうと悟り、彼女に「おれをころせええええ」と前もって言っておくとっても残酷な男の子。計ったわけではないが女顔。彼女のことが大好き。大好きだけど自分を殺させちゃう酷いやつ。

と、勝手に思って描いてました。

水彩画の人?
残念ですが、多分人違いです。

0距離で討ち堕とす
口づけしたあとに打つといったら、ゼロ距離なのだろうと解釈した結果。問題はあんまり格好良く描けなかったこと。
PR
ニコニコ動画についての裏話をブログに書くと言ったら、世叛が「やれば?」とおっしゃった。だからやったのですが、今日初めて世叛が作業してる私の後ろから画面を覗いたらしく。

「俺の動画は 解釈やら考察=動画 じゃない。演出というのがあって、演出上そうした方がいいのだったら解釈や考察よりも動画はそっちに傾倒する場合もある。それを明記しておけ! まるで俺の解釈が間違っているみたいになっている、誤解をうけて俺の名に傷がつくだろう! このすかぽんたんが! 泣いて詫びろ!」

と罵ったかどうかはともかく私の心証がこんなもんだったので書きましたが。
というわけでこのブログは解釈、考察のブログではなくって単なる動画制作の裏話なのよっていうお話です。
書いてるの絵描きの西造であって、案担当の世叛じゃないしねっていう。
【描いてみた】魔女とラフレンツェ のことを書いたので、次は手描きMADのことを話します。



流れていくコメントについて言い訳を、簡単にすませておきますと…

・オルドローズのキャラデザインについて
世叛(案の人)「オルドローズはおばあちゃんです、目と髪が赤いです」
西造(絵の人)「魔女というのはグラマラスなお姉さまと相場が決まっています、それ以外はありません、あっても書きません。彼女たちは魔法やら何やらで歳をとらない美魔女という存在なのです」
世叛「じゃあすきにすれば」
西造「ほう、いいのか? 書いちゃうぞ、好きにデザインしちゃうぞ!? ボンきゅっぼんのお色気担当だぞ!」
世叛「すきにすれば」

・ラフレンツェの目について
オルドローズ→赤目→魔女は赤目→ラフレンツェはオルフェウスにかけるまで人にのろいをかけてない→魔女は呪ってなんぼ→ラフレンツェそれまで魔女じゃない→ラフレンツェ青目
青目だったらそもそも捨てられてなくね? とかは言っちゃいけない。
正直歌詞通りに行けば最初から赤目なんですが、ふたつの解釈で迷った場合は、なるべくマイナーな方を選択しています。

・水彩
色鉛筆で描いてます

・八重歯
無意識だったんですが、完全に西造のフェチですね。

あとはコメントでツッコミとかはないけど裏話…。
亡者
もっと亡者っぽい亡者(影というかミイラというか)を世叛は指示してたんですが、私が上手く描けないので、資料があってわかりやすい骨に変更。結果画面がたいへん地味に仕上がる。


指示では「女の子の○○○を抽象化して扉を描いてね☆」だったんですが、描いてみたら普通の扉になったよごめんよ……いちおう必要な要素はそろっているので、よく見れば○○○の象徴には見えないこともない。

抱き合ってるシーン
世叛「向かい合ってエロイことしてるシーンです」
西造「うあい」カキカキ…「できた」
世叛「思ったより生々しいどうしよう」
西造「サーセン、色でごまかします」(さわやかな背景色にする)
→何のシーンか分からない絵になる
何だか質問? リクエスト? がコメントに流れていったのですが、長い文章になりそうなのでブログで返答。コメントした方がここを見るか否かは神のみそ汁です。
西造は基本リクエストとか質問はしっかり読んでいますが、応えるのはいつもこっそり。受け付けましたよ! みたいな連絡はないです。すみません。だってはずかしいんだもの。運がよければわかりあえます。悪ければAct Outの評判がまたひとつ落ちるわけです。
ものすごく効率が悪いことに今気づく。

今日つらつら喋ろうと思う動画は「魔女とラフレンツェ」の「描いてみた」について。
元々作った理由は、その前の動画コメントに「描いてみたをやってくれ」と流れていったからです。たまたま、次に作る予定だったのが魔女とラフレンツェだったのでその中から、説明のしやすい構図のものを選んで作りました。
「描いてみた」は、カメラがないため、スキャナーに取り入れることで動画を作っています。描いている最中のものは用意できないのですが、どういう色の重ね方をしたかとかは少しわかるかも……しれない。
絵を描く参考にするにはかなり不親切な表示の仕方です。



よく誤解をうけるみたいなんですが、画材は色鉛筆です。使用している色鉛筆は、ある日姉に「私お嫁さんになるからもう絵とか描かない」といって譲り受けた36色水彩色鉛筆。水を垂らすと溶けるやつです。
でも水彩色鉛筆としては使っておらず、純粋に色鉛筆として使っています。まったく無駄使いもいいところです。


もらった質問ですが。「どうしてラフレンツェの目が青いのか」

歌詞中にラフレンツェの容姿の描写として
「銀色の髪に 緋色の瞳 雪のように白い肌
拾われた赤ん坊は いつしか背筋が凍る程美しい娘へと育った...」
とあるのですね。だから本当ならラフレンツェは赤い瞳をしています。

動画では青い瞳になっています。どうしてか。これは出案担当の世叛がどうするか悩んでいた所なのですが、彼曰く、
・魔女のオルドローズを赤い目、赤い髪にしたい。
・魔女オルドローズが赤い目としたら、赤い目であることが魔女の証拠なんじゃないかと思う。
・ラフレンツェは最終的に魔女になるというストーリーにしたい。
・魔女ラフレンツェ→赤い目
 魔女じゃないラフレンツェ→何か違う目

というわけで最後、ラフレンツェが出産して母になったシーンに至るまではラフレンツェは青色ということになりました。色の理由は赤と対比して、まあ青が無難かな、といったところ。
というわけで、この「描いてみた」ではラフレンツェの目は青いのです。
この後にアップした「【手描き】 エルの絵本 魔女とラフレンツェ」では、呪いの歌をうたった所から目が変化して、最後の赤ん坊を抱いた魔女のシーンでは真っ赤になっているわけです。また、オルドローズの力を継承したというか、同じ立場に収まったという意味で、オルドローズの眼帯を付けていたりもしています。

ラフレンツェはどうして途中で魔女になったのか。
境界の守護をしていたり、オルドローズから薬の作り方を習っていたり、ラフレンツェはオルドローズがいなくなる前から魔女としてやっていけるだけの知識はありました。
ですが、オルドローズがいなくなり、一人きりで境界の守護にあたるようになっても、彼女は魔女として覚醒しません。
世叛の考察では。「愛憎を知らない」純粋無垢なラフレンツェが、裏切られることを経験し、オルフェウスを呪うことが魔女へと変わる契機だったということになっています。
魔女は、ひとを呪って初めて魔女に変身するわけです。
手描きMAD、Sound Horizon「海の魔女」のことを話します。



「檻の中の花」「檻の中の遊戯」と続き、終わらない作業に危うく腱鞘炎になるやと思われたので、世叛に「次は短い曲で、白黒で、美少女しか出てこないやつ」とリクエスト。
つまり楽をしたかったのですが。そして楽をしたい願望によく適った仕上がりになったのですが。

全作を遙かに超える再生数の伸び率にこの世の諸行無常を噛みしめる。
っていうお話は内緒ですよ。

キャラデザインをサボったことを心底悔やんでいます。
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
西造
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]